新しく車を購入する場合

車の購入にはどんな手続きが必要?

書類などを用意する必要がある

全部の書類を、同じ場所でもらえるわけではありません。 どこで何の書類をもらえるのか、確認しておきましょう。 車を買う時は絶対に必要なので、時間が空いている時に入手しに行ってください。 市役所などは、開いている時間が限られています。 早めに行きましょう。

自分で用意する書類の種類

契約を結ぶために、書類が必要です。
お店側が用意してくれるものもあれば、自分が用意しなければいけない書類があるので注意してください。
車を買いに行っても、必要な書類が1枚でも不足していると契約を交わせません。
何度も足を運ぶのは時間の無駄なので、1階で済ませられるよう用意しましょう。
車庫証明書が必要になります。
車を保管するスペースがあることを、書類を使って証明しましょう。
さらに印鑑証明書も必要で、この2種類は自分で用意しなければいけません。

自動車検査証も、車を買う時に必要です。
こちらはお店で用意してもらえるので、もらったら失くさないように保管しましょう。
基本的に、車の名義になる人が手続きを進めます。
しかし都合が悪くて、お店にいけないかもしれません。
その時は委任状を書いてください。
委任状があれば、名義人以外の人が車を買う手続きを進めることができます。
手続きを任された人は、名義人としっかり情報を共有してください。

手続きが済んだら、お金を支払います。
前もって車の代金を、用意しておきましょう。
高額で、一括で支払いのが難しいかもしれませんね。
その際は、ローンを組むのがおすすめです。
ローンなら毎月少しずつ車の代金を支払えば良いので、今現金を用意できない人でも大丈夫です。
ローンの手続きもしなければいけないので、前もってどこの金融機関でローンを組むか考えてください。
金融機関ごとに、審査の通過しやすさが変わります。

おすすめリンク

丁寧に記入する意識を持つ

お店で、自動車検査証をもらってください。 車検証と呼んでいるかもしれませんが、同じものです。 さらに自賠責保険証も必要です。 必要事項を記入しますが、初めて記入する人が戸惑ってしまうかもしれません。 お店のスタッフに聞きながら記入すれば、間違えません。

一括で支払えない場合

書類に全て記入し終わったら、費用を支払います。 しかし車は高額なので、一括で費用を支払えない人が多いでしょう。 無理だと思ったら、ローンを組んでください。 今度は、ローンの手続きを済ませましょう。 どこの金融機関が良いか、それぞれの特徴を調べてください。