新しく車を購入する場合

>

書類などを用意する必要がある

警察署に行こう

車庫証明書は、警察署で発行してもらえます。
警察署に行くのは緊張する人も見られますが、別に悪いことをしているわけではないので堂々としてください。
車庫証明書は、車の保管スペースを証明します。
車は、きちんと駐車場や車庫で保管しなければいけません。
路上駐車して管理することは、法律で禁止されています。

ですから車を買う時に、車庫や駐車場を持っていることを証明します。
どうしても自分で取りにいけない場合は、お店の人に代行してもらえます。
しかしその場合は、10000円ほどの代行手数料が発生することを忘れないでください。
ただでさえ車を買うのに高額な費用が掛かるのに、さらに出費が増えたら負担になります。
なるべく自分で行きましょう。

印鑑証明書の入手

市町村の役所で、印鑑証明書をもらえます。
忘れないよう早めに準備するのは良いことです。
ですが早すぎる印鑑証明書は、適応できないので気をつけてください。
3か月以内の印鑑証明書を入手してください。
市役所は、夕方には閉まってしまいます。
仕事が終わってから行っても、印鑑証明書を受け取れないかもしれません。
昼間なら確実にやっているので、仕事の合間を縫ってもらいに行くのがおすすめです。

これまでに印鑑証明書を使ったことがない人は、印鑑を登録していないと思います。
それなら、まず印鑑を登録しなければいけません。
そして車を買う時は、登録した印鑑も持って行きます。
たくさん印鑑を持っている人は、どれを登録したのか覚えておきましょう。